豪華な付録を付けた書籍って本当に稼ぎは居残るの?

こういう10階級以内で豪華な付録が読み物に引っ付くのは良識になりましたね。
荷物とかポーチとか愛くるしい付録が毎号付いて訪れるなんて以前では考えられない対談でした。
以前でいう付録と言ったらとじ込みのパンフレットみたいな物が多かったように思いますが、今は実用とれる売り物が多いですよね。
本年発売された読み物で私の友達で沢山の子どもが買っていたのが嫁入り小説のゼクシィだ。
嫁入り考えが乏しい子どもらも買ってましたし、誠にパパでも付録欲しさに買ってる自身がいました。
こういうゼクシィですがフィールドによって販売価格がことなるようで、安いフィールドだと単に210円で購入することが適うそうです。
210円というと週刊のコミック文献よりも安いですよね。
それに豪華な品名とのコラボした付録が付くなんて、一体読み物はちゃんと儲けがあるのかどうか心配になってしまいます。
今ただでさえ読み物がいまいち売れない時代と言われてるのに、そんな安く売って豪華な付録を付けて大丈夫なのでしょうか。
無料の通販リストもあるのでそれを考えれば低売り値で販売してもマイナスにはならないのかも知れないですね。脱毛ラボ 月額 部位