マグロ丼に、アボカドのトッピングがおいしすぎる。という結果大好きな「アドカド」についての話

マグロとアボカド。相当おいしくて大好きなコラボレーションだ。
共通項としては、とも「わさび醤油」がほんとに見合う事態。
アボカドは、がんらいいまひとつ食べ慣れてはいなかったのですが、
マグロにアボカドが乗っているお寿司を、某サイクルすし屋様で食べてから、
アボカドのとりこになってしまった次第です。
でも、これ程好きなのに改めて思うと、アボカドのことをよく知らない俺。
という結果、幾らか調べてみました。
「アボカドの原産地」って自分知っていますか?
どうも、メキシコと中心アメリカ原産のようですね。
アボカドは、メキシカン夕食にはスタンダードで、
森のバターとの異名の残る「アボカド」。
言われてみてば、メキシカンな情景ですよね。
二度と調べてみると、「アボカドには、最上級というものが薄い」(輸入売り物だから)とか、
アボカドカッター変わる製品も見つけって、「スゲー」って意欲したり。
素材を蒔いて発芽させて育て上げるなんていうのもありました。
知らないことばかりだった「アドカド」。
ちょっと探る結果より、ますます強みにハマりそうな実態だ。http://www.igroupcal.com/musee-hige/